名古屋鉄道の路線・歴史などについて、詳しく丁寧に解説するサイト『名古屋鉄道の歴史』
名古屋鉄道の路線・歴史などについて、詳しく丁寧に解説するサイト『名古屋鉄道の歴史』

名古屋鉄道株式会社、通称名鉄は愛知県と岐阜県を基盤とする大手私鉄です。
この両県では総営業距離444.2Kmにおよぶ路線網を擁しており、近鉄・東武に次いで
日本の私鉄第3位の規模となります。
また、駅数では近鉄に次いで日本第2位です。
本社は愛知県名古屋市中村区名駅一丁目2番4号で、名鉄名古屋駅上に設けられた名鉄バス
ターミナルビル内に置いています。
このサイトでは名古屋鉄道の歴史などについて解説してます。
名鉄に限らず、鉄道に興味をお持ちの方はぜひお読みください。

SEO名古屋
お客様の心を揺さぶるホームページ作りが必要になってきています。
http://seo-plus-e.com/concept.html

発足の経緯

現在の名古屋鉄道は、1935年に名岐鉄道と愛知電気鉄道が合併して発足したものです。

名古屋本線

名岐鉄道と愛知電気鉄道が合併して名古屋鉄道が発足した後、新名古屋〜枇杷島橋間が開業することになりました。

ミュースカイ

中部国際空港アクセスの最速達列車で、2008年12月27日のダイヤ改正で新設された種別の列車です。

快速急行

名古屋本線では栄生通過の急行がこの快速急行に当たり、常滑線・空港線では特急とおなじ停車駅になります。

名鉄グループの形成

戦後の混乱が収まるにつれ、名古屋鉄道も他の大手私鉄と同様に事業の多角化を図るようになっていきます。

名岐線

最初の開通区間は枇杷島橋〜須ヶ口間で、1914年の開業です。名岐線で最後に開通したのは新一宮〜新笠松間で、1928年の開業です。