名古屋鉄道の路線・歴史などについて、詳しく丁寧に解説するサイト『名古屋鉄道の歴史』

●●●特急列車●●●

【ミュースカイ】

中部国際空港アクセスの最速達列車で、2008年12月27日のダイヤ改正で新設された
種別の列車です。
改正前は「快速特急」と名乗っていました。
全車両特別車の2000系を使用する列車に命名され、多くは神宮前〜中部国際空港間が
ノンストップでの運行となっています。
神宮前以北では、特急停車駅のうち新木曽川・笠松・柏森を通過します。
特急列車との所要時間の差は、常滑線・空港線系統で7〜8分となっています。

【特急】

沿線市町の中でも特に利用者の多い駅や、沿線を代表する駅にのみ停車駅を絞った列車で、
速い列車の代名詞にもなっています。
名古屋本線では新安城と国府にも停車、常滑線では太田川や常滑などに停車、河和線では
阿久比と青山にも停車します。

【快速特急】

停車駅を最小限に抑えた、名鉄名古屋駅への最速達列車です。
名古屋本線では新安城・国府通過の特急がこれに当たります。
特急との所要時分の差は、本線系統で3〜4分となります。

【特別車両】

ミュースカイは全車特別車で運転されます。
特急と快速特急には、特別車と一般車とがあります。