名古屋鉄道の路線・歴史などについて、詳しく丁寧に解説するサイト『名古屋鉄道の歴史』

●●●名古屋鉄道●●●

【発足の経緯】

現在の名古屋鉄道は、1935年に名岐鉄道と愛知電気鉄道が合併して発足したものです。
合併前の名岐鉄道は多額の内部留保を蓄えており、経営のお手本とも言うべき無借金経営を
行っていました。
一方、愛知電気鉄道は多額の負債を抱えており、資本金の規模こそほぼ同等ではあったが、
その財務内容には雲泥の差が付いていました。
それまでの両社は、三重県方面への進出や名古屋地下鉄道の運営方法など、当地域の運営の
主導権を巡って対立することもありました。
しかし1930年代の世界恐慌を境として、中国などへの進出・利権を廻って欧米列強との
対決色が強くなり始めた頃、民間企業の間では国内での競争・対立を止めて協調・団結へと
向かう機運が次第に高まってきました。
この合併話が持ち上がった時点では、戦時立法である国家総動員法や陸上交通事業調整法も
構想段階でしたが、長引く昭和恐慌の影響もあり、愛知電気鉄道の経営も危機に瀕していた
ことから、当地の交通事業を再編・統合して安定した鉄道輸送を図るべく、名古屋財界の
有力者を中心に民間主導の形で検討が進められることとなったのです。

【名鉄グループの形成】

戦後の混乱が収まるにつれ、名古屋鉄道も他の大手私鉄と同様に事業の多角化を図るように
なっていきます。
その手始めとして、戦時中に計画が頓挫していた新名古屋駅(現名鉄名古屋駅)の駅ビルの
建設に着手して百貨店を併設します。
当初の計画として松坂屋にテナントとしての出店交渉を進めたのですがこれが不調に終わり、
自前での百貨店経営を決意します。
電鉄系百貨店の元祖である阪急百貨店に協力を仰ぎ、1954年に名鉄百貨店を開業して、
流通業界へ進出する足掛かりとしました。